キャッシングの 実質年率

初回キャッシング 実質年率の幅の中で自分が適用される数字は?

様々な分野の産業において顧客を増やすために「初回」のお客さんというのはとても優遇されています。

キャシングが初めてという場合もきっとそうだろうと思い、各社が掲げる【実質年率】の低い数字の方に注目してキャッシング会社を選んでしまいがちですがこの選択は必ずしも正解ではありません。

実質年率とは、利子に諸々の手数料や保証料を加えて1年間にどれだけ利息がつくかということを計算した年間の金利のことです。

実質年率が低ければ低いほどいいと考え、「実質年率4.5~18%」の会社と「実質年率9.0~18%」の会社とを見比べて前者の会社を選びがちですが、

実際にかりた金利には、両者ほとんど差はつかなかったということもあります。
というのも、借り入れの実績がないということはキャッシング会社にとってそれだけでリスクがある客ということになり、初めてのキャッシングはどこも最高金利での貸し出しになることが多いからです。

前出二社の最高金利は同じ...ですので、結局は同じだった、というケースも多くありえるということです。

もちろん様々な要素、パーソナリティによっては初回であってもこの限りではありませんが、初めてのキャッシングだし、つい低い数字が適用されるのでは...と期待を持ちすぎることには注意が必要でしょう。

ただし、一定期間利息がつかない無利息サービスを打ち出しているキャッシングの多くは顧客獲得のためのサービスで「初回限定」という場合が多いです。

貸出し上限金額の制限などがかかる場合もありますが、一定期間の日数は一週間から180日間までと様々。
1回だけでも利息が免除されるというのはかなりお得感がありますのでこういったサービスを使うのも賢い選択でしょう。

ネット経由ですべての手続きができる!

お金の工面に困った時、消費者金融でお金を借りるというのは常套手段かもしれませんが、他の人に知られたら心理的に嫌だという人は少なくありません。お金を借りるのは悪いことではないのですが、そこに人の心理が関係しているのは確かです。

そこで、人には見られたくないけど消費者金融でお金を借りたいという場合、ネットを最大限活用することにしましょう。というのは、最近の消費者金融はネットですべての手続きを行なえるようにサービスしています。申込から返済まですべてネット上で行なえば、他の人に会うことなく心理的にも安心ですよね。

消費者金融で申込を行なうとすぐに審査があり、審査が通ると契約を結びます。必要書類をネット又は郵送経由で送付し、キャッシュカードを受取ってATMで現金引出、或いは指定する銀行口座にお金を振り込んでもらうだけで借入完了となります。また、返済もATMかネットバンキングを通してできますから、気軽で便利な返済となっています。

以上のように、人に会うことなく消費者金融での借入が可能ですから、ネット経由ですべての手続きができる消費者金融を探して、そこを利用しての借入を行なうことにしましょう!

ウェブページ

  • about